あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
新年最初の投稿らしく、2017年の目標と抱負などを書いてみることに。

 

【スポンサーリンク】

 

2016年のゴルフを振り返る

さて、2016年のゴルフを振り返ってみる。
いつものことながら、冬はあまり練習しないせいで、最初は100を切れませんでした。
さらに、オンシーズンも月1~2回のラウンドするのみで練習しなかったせいで、6月くらいまでしばらく停滞していた気がします。

ただ、ゴルフ7年目にして、初めて90を切れた年でもありました。
それも2回。

スイング面では、2016年は長年苦しんだチーピンを卒業することと飛距離アップを念頭にプレーしていました。
そういう意味では目標を達成できたと思います。
その一方で、スライスが出るとスコアを落とし、安定性を欠いたラウンドも多かったかなと。

あとは、ゴルフブログを再開した年でもあり、シングルになる、という目標をはっきりと掲げた年にもなりました。

そのきっかけになったのは、ヒカルさん夫婦が帰ってきてご一緒する機会が増えたのと、子供が3歳になってある程度自由に時間が取れるようになったことが大きかったかなーと思います。
来年はますますご一緒する機会が増えそうですが、またよろしくお願いしますm(_ _)m

 

【スポンサーリンク】

 

2017年の目標

さて、最終的な目標としてはシングルになることですが、2017年に達成できるとは思っていません。
そのためのステップアップする年として、目標を掲げたいと思います。

それは、ずばり
・パット数30切り
・3回連続90切り
ということです。

パット数30切りは、アプローチ技術向上とパット技術向上の両方を目指しています。
また、後半はスコアが伸びていくと思うのですが、90切りを3回連続で達成することができて初めて実力がついたといえると思うので、3回連続90切りに挑戦したいと思います。

抱負

目標と抱負の違いは微妙ですが、目標が達成したい一定の成果だとすれば、抱負は目標を達成するために心がける決意のようなものでしょうか。

まずはプレーとして心がけることが、必ずグリーン手前30Y以内の地点に一度刻むことです。
このルールで残り何ヤードから縛るかは悩みどころですが、少なくとも100Y以上あれば一度刻もうと思います。
さすがに残り50Yとかで刻むのはご迷惑をおかけしちゃいますからね。

刻みつつ90を切るためには、飛距離よりも精度・正確性が必要です。
なので、2017年はスイング解析により安定した球を打つことで、ボギーオン率100%を達成することを目指します。
まぁトラブルショットとかもあると思うので、100%はかなり難しいと思いますが、徹底的にパーオンを捨てれば不可能ではないかな、と。

ちなみに、ボギーオン率100%でパット数が29だと、スコアが83とかなりシングルに近づくことになります。

最初はなかなか飛距離を捨てきれなかったりもあると思いますが、そういった衝動を抑えていきたいと思います。

 

【スポンサーリンク】