IMG_0966

2017年の第7回目のラウンド記録です。

日時:2017年7月8日(土)
場所:石狩平原カントリークラブ
メンバー:ヒカルさん、トモさん、やなぎさん

今回は、MPアイアンにも少し慣れてきたので、ボギーオン率狙いのマネジメントをしてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

スコア

IMG_0969

ボギーオン率:55.6%
リカバリー率:6.3%

前回と同じく、西はいいけど中はダメ、というパターン。
西単体でみたときのボギーオン率はなかなか良かったのですが、中では完全に崩れてしまいました。

今回特にダメだったなーと感じたのはティーショット。
数字にも表れているけれど、フェアウェイキープ率はよくないのはもちろんのこと、OBやペナルティは全部ティーショットによるもの。

他にも、チーピンでフェアウェイバンカーに突っ込んだり、となりのホールに突っ込んだり。。
100切れただけマシ・・・という内容でした。

逆に、セカンドショットはそれなりに良かったです。
MP55アイアンの飛距離もようやく分かってきた気がします。
練習でもアイアンばっかり打っていましたからね。

アプローチは練習不足に加え、前回のAWでのざっくりが悪いイメージとして残っていたところ、SWでもざっくりが出てしまいました。
おまけにAWでもざっくりが出たり、9Iのアプローチでカップを軽々オーバーしたりと、いまいち。
次回のラウンドまでにちょっとアプローチの練習が必要かな。。

やなぎさんとは初めてご一緒しましたが、かなりコンパクトなスイングで、弾道もちょっと低め、そしてラインがものすごくいい。
以前、職場の先輩がパンチショットの練習をしていたのですが、それに近い感じがします。
それでいて、ドライバーの飛距離は自分と変わりません。
うーむ、自分のスイング効率が悪いのか、やなぎさんのスイング効率が良いのか・・・。
いや、両方かw

ヒカルさんは、ティーショットを見ると一見調子よくないのかな、と思いましたが、終わってみれば82。
飛距離が出る分、トラブルになる可能性も高いのでしょうが、それでも次打にそれほど悪影響のない位置で生き残っていることが多く、ティーショットの生存率が高いのかなーと。

トモさんは調子うんぬんもありますが、暑さでそうとう辛かった様子。
女性には厳しい暑さでしたね。。

あと、グリーンが結構早かったようで、練習グリーンでも「今日は早いな-」という声がちらほら。
確かに西コースでも皆苦戦していましたが、中では逆にショートしてしまう場面が多かったです。
うーむ。
早いグリーンだと、変にイメージを持ってしまって、距離感が難しい。

 

【スポンサーリンク】

 

今回のテーマ

今回のテーマは、
・ボギーオン率をできる限りよくすること
・バンカーを避けること
・パットのときボールをいつもより左に置くこと
でした。

ボギーオン率をよくすることは、いつも通りのノットパーオンゴルフとあまり変わらないのですが、いつもならわざとグリーンを避けるところ、バンカーを外すことを最優先としつつ、グリーンオンしてもしなくても構わない、的な打ち方をしてみました。
結果としては2回ほどパーオンしましたが、中がぐだぐだだったので、結果的にはボギーオン率もいつもとそう変わらないというw

西は最初集中できていたので、8H目まではボギーオン率100%。
9H目は、チーピンが出てしまって左のくぼみにはまったものの、一発でグリーン近くまで運んだにも関わらず、アプローチのミスで3打目をバンカーにいれてしまってボギーオンならず。
1Hの内で2回もミスしたら、さすがにボギーオンもままならないなーと思いました。

中では、いつの間にかボギーオン率重視プレーだったのを忘れ、バンカーがあろうとがんがんグリーンを狙ってしまうことに。
やっぱりこういうプレーはダメですね。

パットでボールを左に置こうと思ったのが、前回のラウンドで右に外すことが多かったため。
今回は左ギリギリに入ることが何回かあったので、もう少し右でもいいのかもしれない。
パットを右に外したか左に外したかも、今後記録していったほうがいいかもしれないと思いました。

反省点

今回は、何はともあれティーショット。
250Yの飛距離でフェアウェイキープ率を50%・・・なんてことは言いませんが、200Yでいいから安定したショットを打てるようにならないとダメだなーと。
そのためにはコンパクトなスイングで安定性を狙ったり、ティーオフクラブにドライバー以外を選んだりと、少し小細工をして練習してみようと思います。
次回の目標は、できる限り、フェアウェイキープ率を上げることですね。
でも、フェアウェイサイドの浅い平坦なラフはセーフにしようと思います。

もう1つはアプローチショット。
200Yをある程度いいところに飛ばせば、セカンドで多少ミスったとしても、ほとんどのホールで50Y以内のアプローチショットになるはず。
となると、寄らなくてもいいのでとりあえずグリーンオンすればOKという気持ちでいけば、ボギーオン率はかなりよくなるかなーと。

相変わらずスコアはパッとしないのだけど、課題が見つかるのはいいことだ・・・ということにしておこう。

ヒカルさん、トモさん、やなぎさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

【スポンサーリンク】