日時:2018年11月3日(土)
場所:石狩平原カントリークラブ 南→西
メンバー:ヒカルさん、象さん、アーボさん

2018年9回目のラウンドです。
8回目のラウンドは忙しさのあまり更新忘れ、からのスコアカード紛失ということで、省略します(笑)
8回目のラウンドでは、ダブルオーバーラッピングと飛距離アップを意識しすぎてスライスがひどかったので、今回は精度重視したスイングを練習して臨みました。

 

【スポンサーリンク】

 

スコア

FEE64B2D-C551-4054-8F5C-6D5E395DD45E

スコア的には今年一番か?
特にドライバーでは派手なスライスがないように慎重なスイングを心がけた。
フェアウェイキープしつつも200Yもいってない場面も多かったけれど、2打目がパーオン圏内に収まる場合も多かったので、これはこれで一つの形なのかもしれない。

パット数はエアレーションの影響を考えれば、数字ほど悲観的ではないかと。
ショートパッドはまぁまぁだったけど、ロングパッドの距離感がノーコンだったのがな。。

ヒカルさんは、左手首を負傷されていた影響か、途中でシャンクが出てから不調だった様子。
象さんは、相変わらずの安定感ながらも、ドライバーのチョロが珍しく出ていた様子。
アーボさんは、西コースは初めてだったにも関わらず、かなり安定したプレー。

 

【スポンサーリンク】

 

今回のテーマ

前回がダブルオーバーラッピングによる飛距離アップを狙った結果、隣のホールにいっちゃうくらいのスライスが何回か出たので、今回は方向性重視。
OBはなかったので、その効果はあったかな。

今回の調整は、背骨の軸回転でスイングしていこうというもの。
右手で押す感じを意識しすぎて振り遅れになっていたことを踏まえて、左手を軸回転でアウトサイドイン気味に振りつつ、右手は半分死んだものとしてフォローで右手を離すようなスイングにしてみた。
リストターンは左手で。

アプローチやパットでもこの感覚でやってみたところ、通ずるものはある感じ。
ただ、ロングパットには悪影響が出たかな。

反省点

ロングパットが相当ノーコンだったので、ロングパット対策をしないとなーっと。
あと、弾道はある程度安定していたものの、飛距離ががっつり落ちたので、軸回転を意識したスイングでヘッドスピードを上げないと。

今年はこれで最後かもしれないけど、冬は冬で素振りだけでもしっかりやっていかないとなー。

ヒカルさん、象さん、アーボさん、ありがとうございました!

 

【スポンサーリンク】