オフシーズンは、基本的にアプローチ名人に向かって7Iのハーフスイング(ハーフショット)か、サンドウェッジでのアプローチショットしか練習していませんでした。
セカンドショットで直接グリーンを狙わない作戦でいくならば、ドライバーやスプーンの飛距離は重要ではないのですが、正確性や再現性は重要な要素となります。
ということで、今回はドライバーやスプーンでのハーフスイングとハーフショットについて考えてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

ドライバーやスプーンのハーフスイングの重要性

ドライバーと言えば、どれだけ飛距離を出すことができるか、ということに焦点が行きがち。
ヘッスピードがいくらだ、とか、スピン量がどうだとか、体重移動ができているだとか。

当然、私もドライバーの練習は、「飛ばすこと」ありきでまっすぐ飛ばすことを考えてきましたが、来シーズンにかかげる「ノットパーオンゴルフ」では、基本的に飛ばす必要がありません。

200ヤードも飛べば、2打目でグリーン手前30ヤード以内につけることは可能でしょう。
そのためには、200ヤードのティーショットを、できるだけ正確にフェアウェイに落とす必要があります。

ハーフスイングは、スイング作りの点からいえば効果的、効率的な練習方法です。
ゆったりとしたハーフスイングでは、フルスイングでは誤魔化されがちな動きを矯正する事ができます。

最初は、ハーフスイングでもスイングスピードはそれなりの速さを保つ必要があるのかと思っていましたが、かえってゆっくりと振った方が練習になることに気づきました。

もちろん、段階的には早く振っていったほうがいいこともあるのかもしれませんが、自宅でアプローチ名人で練習する限りにおいては、7Iで30Yくらい、ドライバーやスプーンでも50Yくらい打つくらいのスイングスピードで十分かな、と。
もっと遅くてもいいかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

アプローチ名人でドライバーのハーフショットできるか?

さて、ハーフスイングの練習といっても、できれば球を打っていきたいところです。
もちろん、素振りの有効さはハーフスイングにおいても変わらないでしょうから、素振りメインでハーフスイングを作っていくべきです。
しかし、スイングを矯正していくならフェース角度や軌道をスイング解析機で確認しながらしていきたいものです。

アプローチ名人を使ったハーフショットは、7Iでは実践していますが、ドライバーやスプーンとなるとさすがに少々怖いところです。
ぶら下げている的に当たればいいのですが、それ以外のネットに当たると突き破ってしまわないか、的を外したら大変なことにならないか。

実践してみたところでは、ティーを低くすれば使えなくはありません。
ロングティーをそのまま使うと、一度天ぷら気味に入ってしまい、ネットの上をいってしまいました。。
幸い壁に穴が空いたりはなかったのですが、かなり危険だったため、どうやっても天ぷらしないレベルまでティーを低くしています。

その方がミート率を高める練習にもなるかな、と。
当面は、打てる範囲でティーを低く、ゆったりとしたハーフスイングで練習してみようと思います。

 

【スポンサーリンク】