今のアイアンは、ゴルフを始めたときに購入したものを、ずっと使い続けています。
特に不満があるわけではないのですが、最近では軟鉄鍛造のアスリートモデルが気になっています。
中級者や初心者が上達するためには、アスリートモデルを使った方がいいのか。
今回は、そんなアイアンの選び方について考えてみました。

 

【スポンサーリンク】

 

ゴルフの腕前に応じたアイアンの選び方

ゴルフクラブの評価を表すキーワードはいくつかあります。

・飛距離
・スピン量
・打感
・構えやすさ
・スイートエリア
・つかまり
・弾道の高さ
・操作性
・直進性
・やさしさ

多くの評価サイトでは、このような項目でゴルフクラブの性能を客観的に示そうとしていますよね。

これらの項目は、トレードオフの関係にあるものがあります。
操作性⇔直進性
飛距離⇔スピン量
全ての項目がパーフェクトなクラブがあればいいのですが、そうもいきません。
なので、メーカーは様々なプレーヤーのニーズに合わせて、様々なクラブを作り出すわけですね。

ゴルフクラブは大まかに
・アスリート向けモデル
・アベレージ向けモデル
の2つに大別することができるようです。
アスリート向けモデルは操作性や打感、構えやすさなどが重要視され、アベレージ向けモデルは飛距離や直進性、やさしさが重視されます。

プロはさておき、アマチュアを上級者、中級者、初級者(初心者)に分けて考えてみます。
それぞれの境界がどこにあるのかは明確には定義されていませんが、ここでは
上級者=シングルハンデ
中級者=平均して100切りができる
初心者(初級者)=100切りできない
として話を進めていきます。

一般的には、上級者はアスリートモデルを、初心者(初級者)にはアベレージモデルが推奨されます。
中級者も、一般的にはアベレージゴルファーと表現されますから、スコアのことだけを考えるなら、アベレージモデルを使う方がいいスコアが出ると思います。

ただ、中級者の場合は少し事情が特殊で、自分が使いたいクラブと、自分に合っているクラブにギャップがあることが多いのではないでしょうか。
例えば、「幅広ソールのアイアンのほうがスコアが出るんだけど、本当はハーフキャビティのアイアンを使いたい」といったことのように。

プロから言わせれば「見栄」なのかもしれませんが、昔から格言にように言われているものに「上達したかったら難しいアイアンを使え」というものがあります。
多くの人は、このようなニュアンスの言葉を一度は聞いたことがある、あるいは、ネットなどで目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

中級者や初心者が上達するにはアスリートモデルを選ぶべき?

中級者や初心者が上達するためには、アスリートモデルのアイアンを選ぶべきなのでしょうか。

賛成派の意見

賛成派の意見としては、中級者や初心者がやさしいクラブを使うと、芯を外したりダフったりしてもある程度の飛距離が出るため、スイング自体のミスに気づきにくく、上達の妨げになる、というものです。

確かに、アマチュアの多くはダフっているとよく言われたりしますが、初心者の人がたまに上手く打てたときであっても、実は少しダフっているといいます。
幅広ソールのアイアンなどでは結果オーライとなるため、こういった実感を持ちづらい、というのはあるように思います。

他にも、
・重心距離が長いからアームローテーションをしなくて良い
・重心深度が深いからボールが上がりやすい
・スイートエリアが広いからどこに当たっても飛距離が変わらない
など、たくさんのメリットがあります。

が、裏を返せば
・アームローテションを覚えにくい
・ダウンブローを覚えにくい
・芯に当てる感覚を覚えにくい
といったことにも繋がるわけですね。

反対派の意見

反対派の意見としては、中級者や初心者が難しいクラブを使うと、芯に当てることやダフらないことに神経が行き過ぎて、正しいスイングを覚える妨げになる、というものです。

マッスルバックのようなアスリートモデルでは、芯を外すと打感が悪くなるため、
芯に当たった=いいスイング
芯に当たらなかった=悪いスイング
と解釈し、そのことに意識が集中するあまり、スイングの他の大切な要素が育たない、というわけですね。

ゴルフスイングというのは、色々な要素の集合体として作られるものだと思いますから、芯に当てることやダフらないことばかり意識しすぎると、スイング自体のダメなところに気づきにくいというのはあると思います。

ダフらないことばかり考えて素振りをしていたら、練習場では振り遅れになってしまい、どスライスばかり・・・なんて経験もありました。

他にも、スコアがまとまらないのでゴルフが楽しくなくなってしまう、という意見もあるようです。

セミアスリートモデルという選択肢

中級者や初心者がアスリートモデルを使うことの賛否は、どちらも一理あるな・・・と思います。

ところで、市場に出回るゴルフクラブには「セミアスリートモデル」と表現されるクラブがあります。

明確な定義はないと思いますが、ゴルフクラブのスペックとしては

アベレージ セミアスリート アスリート
ソール幅 広い やや狭い 狭い
重心距離 長い やや短い 短い
重心深度 深い やや深い 浅い
ロフト ストロング やや立つ 普通
ネック グースネック セミグース ストレート
大きさ 大きい やや小さい 小さい

他にも要素はあると思いますが、このような違いがあると思います。

セミアスリートモデルは、アベレージモデルとアスリートモデルのちょうど中間・・・ではなく、どちらかというとアスリート寄りに作られていることが多いように思います。
アスリートモデルを少し優しくしたモデル、というべきでしょうか。

どちらつかずのモデルとも言えますが、いいとこ取りのモデルとも言えます。

もし今使っているアイアンに不満がある人でも、セミアスリートモデルなら、強く上達を願う中級者や初心者のニーズに応えてくれる・・・かもしれません。

私が現在使っている「オノフ2008アイアン」は、アベレージモデルであるため、そろそろセミアスリートモデルを使ってみたいな・・・と考えています。

以上「アイアンの選び方!中級者や初心者が上達するにはアスリートモデルを選ぶべき?」でお送りしました。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】