昨年末に申し込んだ石狩平原カントリークラブの会員証がようやく到着しました。
会員の料金や特典について、まとめてみます。

 

【スポンサーリンク】

 

石狩平原カントリークラブ 会員権(証)の登録料金と年会費

石狩平原カントリークラブの会員に登録しました。
正確には昔で言うゴルフ会員権ではなく、メンバー登録料を払って正会員となった、ということ。
なので、売買するようなものではありません。

2016年度の登録料は割引となっていて、
男性:64,800円(税込)
女性:54,000円(税込)
でした。

2017年度は通常料金に戻っており、
男性:108,000円(税込)
女性:86,400円(税込)
となっています。
昨年のうちに入会しておいて良かった。

年会費は、19440円(税込)となっています。

メンバーとビジターのプレー料金比較

石狩平原カントリークラブのプレー料金(税込)は、以下のようになっています。

平日 土日・祝日
メンバー 4200円 4200円
ビジター 5,200円 午前8,100円(午後7,100円)

メンバー特典について

メンバーとなることによる特典についてですが、規約等には特段盛り込まれていませんでした。
割引券がもらえたり、早めに予約を抑えることができたり、同伴者のための割引券などがもらえたりするようです。
オンシーズンになったあと、実際に確認してみたいと思います。

※追記

写真2月28日に会報が送付されました。
中には
・会報
・年会費請求書(自動的に口座振替)
・会員招待優待券(5枚)
・お食事優待券(500円引き×10枚)
・お食事割引券(1,000円以上利用で200円引き×10枚)
・コーヒー100円券(10枚)
・4月のイベントカレンダー
・LINE@登録方法
が入っていました。

食事券は併用不可のようですが、全部使えば7,000円分の価値があるわけですね。
年間20回行けるかは不明ですが。。

石狩平原カントリークラブは、ちょっと前はビジターでもロッカー無料というのか、最初から料金込みだった気がしますが、いつからから別途200円になった気がします。
メンバーは今でもロッカー無料とか聞いたようなそうでないような。
これも行ってから確認してみます。

どれくらいで元が取れるか

メンバーとなるには費用がかかりますが、どのくらいで元が取れるのかを計算してみます。

最もコスト差が出る土日の午前のプレー料金で比較すると

登録料 年会費 プレー料金 プレー回数 合計
メンバー 64,800円 19,440円 4,200円 22回 176,640円
ビジター 0円 0円 8,100円 22回 178,200円

仮に1年の間に22回、土日の午前中に石狩平原カントリークラブに行くとすると、メンバー料金の合計がビジターを上回るようです。
4月から~11月の8ヶ月間で22回ですから、月3回程度いく必要がありますね。

この数字は、私にとってはちょっと厳しいですが、それでも2年目には元を取ることができそうです。

ただ、異動などによって平日しか行けない時期がそろそろ来る気がしますので、そのときはどうするか迷いますね。
平日のプレー料金の差は1,000円しかありませんから、年会費分だけでも20回行かなければ回収できない計算になります。

その期間だけ休会制度があると助かるのですが、年会費を払わなかった時点で、基本的には登録抹消となってしまうようです。

 

【スポンサーリンク】

 

会員になるまでの経緯

2016年11月末頃、石狩平原カントリークラブの会員を申し込みました。
ヒカルさんは2~3週間ほどで到着したようなのですが、なかなか来ず。。
年が明けて2017年の1月末、不安になったので電話をしてみることに。
冬なのに繋がるのかな、と思っていたのですが、「石狩スキー場です。」というお答え。
なるほど。
冬はスキー場って聞いていたけど、事務所なども共通なんだなぁ。

「昨年末に会員申し込みをした者ですが・・・」
「ヒカルさまのご友人の方ですね!」
それだけでわかるんかーい。
ヒカルさんがすごいのか、この事務局の方がすごいのか、それほど会員数がいないのか。

まだ会員証が届いていない旨を伝えると、担当から折り返し電話させるとのことでしたが、次の日から旅行に行く予定だったので、送ってもらえればそれでよいこと伝え、一旦電話を切ることに。

その後、2週間たっても音沙汰がないため、再度電話をしてみると、今度は担当さんがいたので繋いでもらいました。
「昨年末ご入会頂いたトシ様ですね。三月に会報紙と一緒に送付予定でした。」とのこと。

この時点で、ようやくきちんと入会できていたことがわかりました。
ちゃんと書類が届いていなかったのか、書類に不備があったのか、など、色々と気にしていましたが、杞憂だったようです。

それならそれでよい旨を伝えて終了。

3月に来るのかなー、と思っていましたが、その一週間後に郵送されて到着しました。
「あれ、3月じゃなかったのか」と思いましたが、いわゆる蕎麦屋の出前的なあれなのかもしれません。

ともあれ、これで、来年度からはメンバー料金で回ることができます。

ちなみに、2016年は4月16日にオープンしたようなので、今年も大体同じくらいですかね。
ちょうどあと2ヶ月ほどでオンシーズンとなると、何やら待ち遠しい気持ちになります。

ただ、4月下旬には第二子が誕生する予定なので、今年はどこまでいけるかなぁ、と。

 

【スポンサーリンク】