2a6b2193d9fcbd18a23945c5a3a8a9a9_s

ゴルフの右手・右肘の使い方は、今までよく分かっていなかったのですが、最近になってようやく使い方がわかってきたような気がします。
ただ、使うにしても「押す」のか「引く」のかによって、使い方というか、意識の違いがあるように思います。
一体どちらが正しいのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

ゴルフスイングにおける右肘の役割

ゴルフの右肘の使い方は、ゴルフを始めてからずっとよく分かっていませんでした。

ゴルフにおいて右肘の役割は、いくつかあるようです。
重要な役割として、
・トップでの出前持ち
・ダウンスイングでの主導として軌道を安定させる
・インパクト以降に手を伸ばしていくことで大きなフォロー軌道を作る
ということをよく目にします。

右肘の使い方は「押す」?「引く」?

9b82ab7dfa18a0d4853d90f2a2aad1ef_s

さて、ゴルフのスイングにおいて、右肘を使おうとするとき、よくわからなかったのが、右手を「押す」のか、「引く」のか、ということです。

色々調べてみると、インパクトでは右手は「押す」というのは一般的なようです。
特にドライバーにおいては、右手を「押す」ことで、方向性を良くし、飛距離を伸ばすことに繋がるというレッスン書は多いですよね。

しかし、切り返し~ハーフウェイダウンまでは、「押す」派と「引く」派に分かれているようです。

どちらが正しい、というのは分かりませんし、単なるの表現の違いなだけで、やっていることは同じなのかもしれません。

それでも、自分のようなアベレージゴルファーにとっては、「押す」ことを意識するのか、「引く」ことを意識するのかは大きな違いがあるように思います。

 

【スポンサーリンク】

 

右肘はずっと「押す」方がシンプル

「押す」か、「引く」か。
どちらが正しいかはさておいて、現在の自分としてシンプルで分かりやすいのは、右手、右肘は「押す」ことだな、と。

というのも、右肘を「引く」と、インパクトでは「押す」わけですから、どこかで意識を「引く」から「押す」に切り替えなければならないからです。

それなら、切り返しからずっと「押す」ことで、スイング中にあれこれ意識を変えることなく、シンプルなスイングを作れるかな、と。

右肘で「押す」ことのメリットとデメリット

l_199

右手、右肘で「押す」ことにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
あるいは、特徴と言った方がいいかもしれませんが。

メリットとして考えられるのは
・右手のコックをキープしやすい
・フェースをシャットに下ろしやすい
・ダウンブローに打ちやすい
といった、正確なスイングを作りやすいことですね。
主観的な意見かもしれませんが、今の自分にとっては足りないものが全部入り、って感じです。
あとは、「押す」という動作は、インパクトに向けて手を一定方向に向け続けますから、リストターンを行わないスイングと相性がいいと思います。

一方、「押す」ことのデメリットというより、「引く」ことのメリットは
・「引く」力のほうが「押す」力より強い
・背筋など体幹の筋肉を使いやすい
・切り返しで体の開きにくそう
というような、主に飛距離アップに繋がりそうな要素が多い気がします。

どこかで一度は聞いたことがある人が多いと思いますが、筋肉というのは「引く」力の方が強いので、理屈のうえでは切り返しでは引いて下ろしてきた方がヘッドスピードが高いはずです。
また、「引く」という動作は、背筋といった体幹の大きな筋肉を使うことができるので、そういう意味でも「引く」ほうが飛距離は伸びるのではないかと思います。
綱引きをイメージすると分かりやすいですが、物を引くときは手の甲が下を向くため、インパクトでは意識的にリストターンをする必要がありますが、リストターンを使って飛距離を伸ばしたい人には相性がいいと思います。

まとめ

もっと上達してくるとまた感覚は違うのかもしれませんが、当分の間はダウンスイングで右手・右肘は「押す」ことで安定したスイングを作っていってみたいと思います。

以上「ゴルフのダウンスイングでの右手・右肘の使い方!押す?引く?」でお送りしました。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】